31 March 2015

Shrimp ravioli


I made ravioli with local egg wanton skin.  The stock of the sauce is made with shrimp heads, onion, celery and carrots.  They are wontons if you serve with clear soup but can be ravioli with creme sauce.  It's absolutely delicious and easy starter.

「エビのラビオリ」地元のワンタンの皮が卵生地なので、前日餃子を作った残りで、ラビオリ風にしてみた。エビはフードプロセッサで回し、エシャロットを加えたもの。ソースはエビの頭に玉ねぎ、セロリ、にんじんで出しをとったものを煮詰めてクリームを足したもの。

サッと作った前菜なので、あまり凝った事をしなかったが、ソースにトマトペーストを加えていると、パスタソースとして更によかったと思う。これはこれで、さらっとして美味しかった。

30 March 2015

Slow cooked Char siu



This is pork shoulder cooked in soya sauce.  In any slow cooked meat dish, I cook without seasoning first then add the sauce in later in cooking.  I cooked with ginger and onion first then added soya sauce and sugar.

「煮込みチャーシュー」シンガポールのローカルスーパーの豚肩肉の塊が香港より随分小さい。街市に行かなければ望む形の肉はないようだ。豚肉を食べるのは主に華人だと思うが、シンガポールでは暑いので、あまり煮込み料理をしないのだろう。

始めに生姜、ニンニク、ネギで柔らかくなるなで煮て後半に醤油と砂糖を入れたもの。肉が小さいので、味が中まで染みるのが早かった。

29 March 2015

Aji no pasta


This is a pasta dish I used Aji confit of the previous post.  I heated up confit together with its oil and added cherry tomatoes, then added boiled pasta.

「鯵のパスタ」 前回投稿の鯵のコンフィを使った料理。鯵をほぐしてオイルと一緒にフライパンで温め、チェリートマトを加える。そこに茹でたパスタを絡めたもの。数分でできる料理なのに、激うまだ。

Aji no confit





Aji; Horse mackerel is cheap and delicious fish in Japan.  I've found the same fish in Singapore so I made confit with it.  By making it in confit, I can preserve it longer.  I also added garlic and onion.

「鯵のコンフィ」シンガポールでも鯵を見つけた。ピチピチに新鮮でもないので、塩とハーブドプロバンスをふってコンフィにした。コンフィとは低温の油で煮ること。オリーブオイルを使い、ニンニクも一緒に煮た。魚に火が通ったら取り出し、最後は油の温度を上げて玉ねぎを揚げてフライドオニオンを添えた。

保存がきくし、様々な料理に応用できる。まずは、ネギを加えて少し醤油をたらし、おつまみにした。

28 March 2015

Chicken & Cheese panini


I made panini sandwich with chicken left over from the day before.  I have a hot sandwich press but I used the panini press for the first time since I've found panini bread here.

「チキンとチーズのパニーニ」鶏の残りでパニーニを作った。近所でパニーニパンを見つけたので、初めてパニーニを作ってみた。簡単で美味しい。パニーニプレスはホットサンドプレスのもの。

27 March 2015

Singapore Chicken rice


The first dish I made after coming back from Australia was chicken rice.  This is very easy and delicious.  It has to serve with chicken soup made from chicken bones.  Chicken soup is made only with chicken and vegetable without any cubes or MSG is really a comfort to stomach.

「海南チキン」旅行から帰ってきて直ぐに作った料理。シンガポールではこの料理が一番作りやすく美味しい。 新鮮な鶏(小)を1羽買い、ガラと脚を煮込みながら出汁を取り、その出汁でご飯を炊く。最後に胸肉をサッと茹でる。鶏と野菜だけて取ったスープはコンソメやチキンキューブは一切使っていないが、驚くほど旨味がする。優しい味の鶏スープが旅行疲れの胃にしみる。

26 March 2015

Melbourne Gourmet

"Cumulus"






"Charlie & co. burger"

"Luxembourg Bistro, Kilda"







I've visited Melbourne for the first time.  I think this is probably the most southern place in the world I've traveled so far in my life.  South Australia is very isolated place from rest of the world and I've found the city had very unique its own.

There are many Victorian buildings had left but the modern building were very colorful and very unique design.  In my impression, the whole city has downtown atmosphere.

Restaurants in Melbourne were as good as they were in Sydney.  We had great experience in any places we chose.  We've found may Tapas style of restaurant serves plats to share.

These two restaurants of my photos were especially excellent, every plates of those places are surprisingly good.  We also found a great burger place in the shopping mall's food court.

「メルボルンの食」メルボルンは今回初めて訪れた街。私が旅行した中で、地球上でも最南だろう。オーストラリア南部は世の中から隔離された地域だと感じるが、メルボルンは特に独自で独特な雰囲気の街だ。ビクトリア時代の建物がとても多いのと同時に近代的な建物が派手だ。また街全体にダウンタウン色が強い。人口は約400万人で、近い将来シドニーを抜くらしい。

メルボルンもシドニーと同様に何処で食べても美味しかった。街ではタパススタイルがとても流行っていた。小皿、中皿、大皿とカテゴライズされた料理から自由に選ぶ形で、シェアできるのが受けているらしい。

写真のレストランは特に美味しかった所。特に"Cumuls"は斬新な料理に驚いた。フュージョンではあるが、全体がとてもよくマッチしていて感激した。ビールとワインはパブやバーでよく飲んだが、"Luxembourg bistro"の地ビールが香りがとてもよく一番美味しかった。

オーストラリアワインは白より赤が美味しいと思う。特にピノノワールは私の好みだ。新世界圏ではカルフォルニアのものよりよいかもしれない。フルボディーではシラーズが良かった。白ワインはほんのり甘めが多い。ビールは様々な香りがあって苦味が低く、驚きの美味しさだった。

Queen Victoria Market










23 March 2015

Sydney Gourmet


"Fish and Chips at Pantry, Manly"

"Grass fed - fillet at Steersons, Darling harbor"

"Grass fed - rib eye"




"Aged beef burger at The Morrisons"


"Breakfast at Brew cafe"


"Breakfast at cafe in Blue mountain"


Food in Australia is really good, especially beef and fish.  The level of food is relatively high in any restaurants.  We ate at places I didn't research before but it was surprisingly good.  I think this is due to the quality and freshness of ingredient.  It was very obvious that they have very fresh ingredients after we visited the fish market.

In my impression,  Australian foods are not English food but it's own, mix of many culture.  They seems to have strong influence with Asian and Italian immigrants.   I've seem many restaurant serve sashimi or carpaccio for entre dishes.  Also coffee is not English/American style of strain type but steamed type of European style.

「オーストラリアの食」オーストラリアはとても美味しい。数年前に訪れた時にも思ったが、何処で食べてもあまり外れがない。特に牛肉と魚の美味しさは格別だ。これは材料の鮮度と質がよいからだと思う。とてもよい食材に恵まれているので、何を食べても美味しいのだろう。ただし物価は高い。

オーストラリアで美味しいものは、肉、魚、果物、パン、コーヒー、ワイン、ビール。オーストラリアはアジア系とイタリア系の移民がとても多く、それぞれの影響で食文化がとても高くなったのだろう。イギリスやアメリカよりはるかに美味しい。驚いたのは、コーヒーが全てイタリアや仏のスチーム式で、英米日のようなドリップ式ではないところ。

また、食材の火の通し方が上手だ。肉の焼き方はもちろんな事、魚も決して焼きすぎていない。卵もトロトロで出てきた時には、レベルが高いなと思った。また、刺身やカルパッチョが好きなようで、多くのレストランで生物の前菜があるのがいい。